浪人生・・・よくよく考えるとありえない選択だなあ

大学受験の際、私は親が浪人を許さなかったので、必死で勉強してなんとか現役合格しました。
でも、もし浪人OKだったら、もう少しレベルの高い大学に入りたかったので、浪人生活を選んだでしょう。
当時はけっこう浪人する同級生も多かったので、それもまた当然と思ってました。
が、いざ親になって振り返ると、浪人なんてありえない・・・なんて思ったり。
プーの人間を1人養い続けるって、大変ですよ。
同じ収入がなくても、大学生であれば仕方ないとも思えます。
しかし、どこにも在籍していない浪人生・・・1年間親としてどう過ごせばいいのか、いまだったらきっと悩み続けるでしょう。
幸いうちの子は大学にいかれるようなオツムではないので(汗)高校卒業したら就職か専門学校になるでしょうけど。
本人も勉強嫌いだから、浪人生になるなんて考えられないでしょうし。
私、浪人生ってとにかく毎日毎日1日中受験勉強するというイメージでした。
しかしよくよく考えれば、1日8時間寝たとしても16時間。
食事や入浴、予備校までの移動時間などを差し引いても10時間ぐらい。
そんなに勉強する人いるのかなあ・・・。
多分息抜きで漫画読んだりゲームしたりするんでしょうね。
でも浪人の身では、息抜きで遊ぶのも罪悪感を感じるでしょうし・・・。
あまりいい立場ではなさそうです。
大学合格できなかったら、潔く他の進路を選んで、そっちに励みながら、それでも大学に行きたいなら平行して勉強し、再受験したほうがいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です